[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | 入会・活動参加 | 資料請求

メコンに生きる人々 | 調査研究・プロジェクト | メコン河の開発と環境 | 政策提言 | 資料・出版物 | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > プレスリリース >ODA支援案件「ビルマ(ミャンマー)・ティラワ経済特別区開発」で 強制立ち退き500世帯 強引な立ち退きと人権侵害の防止を訴え、外務省・JICAに要請書を発出

【プレスリリース】
ODA支援案件「ビルマ(ミャンマー)・ティラワ経済特別区開発」で
         強制立ち退き500世帯
強引な立ち退きと人権侵害の防止を訴え、外務省・JICAに要請書を発出

2013年2月8日

現在、日本政府が官民連携でODAなどにより支援を進めようとしている ビルマ(ミャンマー)・ティラワ経済特別区(SEZ)開発事業および、同関連事業について、強制立ち退きを迫られている住民が少なくとも500世帯以上いること、同住民に対して、14日以内の立ち退きを命ずる書面が出されており、それに応じない場合は、30日拘禁するとされていることが、メコン・ウォッチなどの調査で明らかになった。

これら住民の多くは2012年12月下旬、口頭で初めて、一方的に、立ち退きについて知らされた。

移転にあたっては、代替地も用意されておらず、住民の主な生活の糧に対する補償措置も一切検討されていない。すでに12月下旬、近隣の貯水池からの灌漑用水の供給を当局により止められ、農業ができなくなっている地域も出ている。

さらに、住民らが会合や書簡の作成・提出等、さまざまな活動をしようとしているが、ビルマ軍関係者が村内での会合を監視したり、住民リーダーに情報の提出を求めるといった状況である。

この状況を踏まえ、本日、メコン・ウォッチは、日本政府、および、JICAに対して要請書を提出し、現在、住民に通告されている14日以内の移転と従わない場合の30日間の拘禁に関し、そうした強制排除やその他の人権侵害が起こらないよう、早急にビルマ政府側に申し入れることなどを求めた。

以上

別添:要請書 * 要請書中の脚注7(参考)の「現行土地法」については「農地法(2012年)」に該当するものでした。お詫びして訂正いたします。(2013.4.10)

 

※関連情報:緊急セミナー ビルマ(ミャンマー)日本支援案件・ティラワ経済特別区開発で今、何が生じているのか?
2013年3月26日 (火)18:00〜19:45   参議院議員会館B104
http://www.mekongwatch.org/events/lecture01/20130326.html

【本件に関する連絡先】

特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F
Tel: 03-3832-5034, Fax: 03-3832-5039
担当:秋元由紀 携帯電話:080-2006-0165 メール:yuki@mekongwatch.org

このページの先頭へ

特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2F
電話: 03-3832-5034
info@mekongwatch.org
Copyright 2000-2004 Mekong Watch. All rights reserved.