メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース

ビルマ、ミグ戦闘機購入

メコン河開発メールサービス 2001年7月26日


ビルマ(ミャンマー)関係のニュースです。日本は独自外交の名のもとに、多額の援助をビルマの軍事政権に続けています。特に現在バルーチャン第2水力発電所の改修事業に35億円近い無償資金協力を検討中です。インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙は、同発電所の電力の多くが軍事目的に使用されていると指摘しました。

こうした中、ビルマの軍事政権は、ロシアから原子炉の購入を検討しているほか、ミグ戦闘機10機の購入も決めました。以下の報道にありますように、戦闘機購入にはタイへの天然ガス売却代金をあてた公算が高いという分析がなされています。こうしたことを考えますと、今回のバルーチャン第2水力発電所改修事業を、「基礎生活支援」と位置づけ、あくまで民生用と主張する日本政府の根拠にも疑問が強まります。

以下、時事通信とバンコクポストの記事を転送します。なお、同様の内容でしたので、バンコクポストは邦訳しませんでした。


◎ミグ戦闘機10機の購入契約に調印=タイ支払いの天然ガス代金充当か−ミャンマー

時事通信ニュース速報(2001年7月16日20時35分)

 【バンコク16日時事】消息筋によると、ミャンマー軍事政権はこのほど、ロシア航空機製造公社とミグ戦闘機10機を1億3000万ドル(約162億5000万円)で購入する契約書に調印した。タイとの国境紛争を想定した軍備拡充の一環で、タイ軍が保有するF16戦闘機に対抗するための措置という。軍政当局は、天然ガスの売却代金としてタイ石油公社(PTT)から1億ドル(約125億円)を受け取った直後に、ミグ戦闘機の代金の頭金としてロシア側に4000万ドル(約50億円)を支払っており、タイの天然ガス代金がミグ機購入費に充てられたとの見方が有力だ。 


Rangoon free to spend gas money on anything it wants
Purchase of MiGs a totally separate deal

Bangkok Post
July 17, 2001

Burma can use the money Thailand pays for natural gas for any purpose it pleases, including buying new warplanes, the Foreign Ministry said yesterday.

However, a spokesman denied a report in Jane's Defence Weekly that Foreign Minister Surakiart Sathirathai was president of PTT Exploration and Production when the deal to purchase gas from the Yadana natural gas field was signed.

The weekly reported in its July 11 edition that Rangoon was buying 10 MiG-29 jet fighters from Russia for US$130 million and the money was coming from Thai gas purchases.

Deputy ministry spokesman Isorn Pocmontri said neither Thailand nor Mr Surakiart had anything whatsoever to do with the plane purchase.

The MiG deal was between Russia and Burma.

The gas purchase was a separate matter, Mr Isorn said.

"It's not a Thai grant, but payment on a business deal.

"Therefore it is up to the Burmese government how it uses the money."

The magazine also said the gas deal was sealed when Mr Surakiart was president of PTT Exploration and Production, a joint investor in the Yadana gas field with France's Total and Unocal of the United States.

Mr Isorn said PTTEP signed the joint venture agreement with Total in 1995, three years before Mr Surakiart became the state-oil company's president, a position which he resigned from in March last year.

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.