メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース > ベトナム・ソンラーダム>着工

ベトナム・ソンラーダム>着工

メコン河開発メールニュース 2006年3月6日

東南アジア最大のダム事業ーベトナム北部のソンラー水力発電所(2400MW)の建設がついに始まりました。9万人以上の山岳少数民族が立ち退かされる予定で、移転地の耕地不足などから、立ち退き住民たちの貧困化が今から大きな懸念となっています。

ソンラー水力発電プロジェクト建設開始

ニャンザン紙

2005年12月2日

計画容量が2400メガワットと、ベトナム最大の水力発電プロジェクトのソンラ水力発電所の建設が、ベトナム北部のソンラ省で12月2日に始まる。

ソンラー水力発電プロジェクトは6つの発電機群からなり、ムオン・ラ郡イト・オン集合村(コミューン)を流れるダー川に建設される。このプロジェクトはベトナム人専門家とロシアのモスクワ流体力学設計研究所のコンサルタントによって設計された。そして、ソンダー社が総合建設請負業者として、また他の12の部署が下請け業者として指名された。

ベトナム政府の決定によると、プロジェクトの総投資額は36兆9330億ドン(約2660億6280万円、ベトナムの2004年のGDPの約6%)である。プロジェクトは2015年に完成し、2010年に最初の発電機群が発電を開始する予定だ。

完成すれば、この水力発電所は年平均で102億キロワット時の発電を行い、国の社会経済発展と工業化・近代化に対して著しい貢献をするだろう。その一方で、このプロジェクトは洪水防御と、乾季に59億8000万トンの水を紅河デルタに供給することになる。ベトナム北東部(タイバク)の社会経済発展の推進が期待されている。

ベトナム電力公社のDao Van Hung総裁によれば、過去2年以上のプロジェクト準備期間に、建設部は920万立方メートルの岩や土を取り除き、そこに20万立方メートルのコンクリートを流し込み、1400トンの機材を設置し、450ヘクタールの土地を均した。

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.