メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース >ビルマ開発と人権>イラワジ川ダム着工祝賀会

ビルマ開発と人権 > イラワジ川ダム着工祝賀会

メコン河開発メールニュース2010年1月11日

2009年12月、ビルマ(ミャンマー)のカチン州で、ビルマ軍政と中国とがイラワジ川本流に計画しているミッソンダムの着工を祝う式典が開かれ、建設による悪影響を受ける周辺住民も参加を強制されました。ミッソンダム(設置出力は3,600メガワット)は、イラワジ川上流域に建設が計画されている複数のダムのうちの一つで、生産される電力は中国に輸出されることになっています。ミッソンダム建設により、約40のカチン民族の村が水没すると推定されていますが、適切な環境社会影響調査は行われていません。以下では、ダムの問題点や住民の反対の声を伝えるビルマ河川ネットワーク(BRN)のプレスリリースの日本語訳をご紹介します。

ビルマ河川ネットワーク プレスリリース(2009年12月21日)
ビルマ軍政がイラワジ川のミッソンダム着工を祝う 社会・環境影響調査もないまま、周辺住民にも参加を強制

 2009年12月21日、イラワジ川で中国が進めるミッソンダム建設着工を祝う政府主催の「祝賀会」が催され、数百人の周辺住民が電力省大臣とエネルギー省大臣の出迎えを強要された。同ダムは、イラワジ川を堰き止めて建設される最初のダムであり、ビルマの主要な水路であるイラワジ川流域に住む数百万人に影響を与える。

 カチン州の指導者やダムの影響を受ける周辺住民らは、タンシュエ上級大将と中国の投資企業に対し、ダム建設を中止し、1万5,000人が移転させられるのを防ぐよう何度も公然と嘆願したが無視された。公開書簡やポスター、軍幹部たちとの直接の話し合いを通し、ビルマで最も価値のある文化遺産の破壊や、地震多発地域にある当地でダムが崩壊し大災害になることへの懸念が表明されている。

 21日も反対運動が続けられた。ダム予定地の下流に位置するカチン州の州都ミッチナーや上流の水没予定の村々には、ダム建設反対のポスターが何百枚も貼られた。

 過去3年間にわたりダム建設地の状況を監視しているカチン開発ネットワーキング・グループのツァジ事務局長は、「地元住民は、移転も希望していないし、ダムも受入れないという意志を明らかにしている。このダムは彼らの家や生活を永久に破壊してしまうのに、軍幹部や中国人の関係者がダム建設を祝うにあたり、村民たちも拍手してそれを祝うように強制されている」と話す。

 中国電力投資公司(CPIC)が建築しているミッソンダムは高さが50階建てビル相当の巨大なダムで、設置出力3,600メガワットであり、この電力は中国に輸出されることになる。イラワジ川とその主な支流には7つのダムが建設される予定であり、このダムが最初のものである。

 20日、中国の習近平副主席が隣国ビルマとのエネルギー分野での協力拡大を協議するため首都ネピドーを訪問した。ミッソンダム建設の祝賀会はこの訪問の直後に行われた。

 ビルマ河川ネットワークは、中国に対し、ダム建設に関する自国の基準に従うよう呼びかけている。中国では、他国でダムを建設する場合、市民が参加する協議を含む社会・環境アセスメントを行うことが義務付けられている。

 ビルマ河川ネットワークのコーディネーターであるサイサイ氏は、「中国がメコン河に建てているダムが下流に及ぼす影響について懸念が高まっているにも関わらず、中国はイラワジ川でのダム建設を急いでいる。こうしたダムは、漁業や農業を営むのにイラワジ川に頼る何百万人もの人々を脅かすのに、その影響に関するアセスメントがなされていない」と述べる。

 2009年5月には、中国の温家宝国務院総理が、中国雲南省を流れるサルウィン川での六庫ダムの建設を中止させ、ダムの影響についてより徹底したアセスメントを行うよう求めている。

より詳しい情報と、ミッソンダム建設中止を求める住民が軍司令官に立ち向かう様子を記録したビデオはこちら(ビルマ河川ネットワークのウェブサイト):http://www.burmariversnetwork.org/videos.html

訳注
2009年12月23日付のイラワディ誌記事によれば、住民が大臣たちの出迎えを強要されたのは、ミッソンダム近くのラープレ村であった。ダム建設中止を呼びかけた組織の一つ、カチン独立機構(KIO)のあるメンバーは、「住民は、ダムのために移転しなければならないのであれば、少なくとも補償を与えられることを求めている」と述べる。カチン開発ネットワーキング・グループの環境問題担当ノーラ氏は、ミッソンダム建設により約40の村が水没し、カチン文化が影響を受けるだろうと述べている。

出典:
Burma Rivers Network Press Release, Black day for Burma’s Irrawaddy:Junta Ministers Host Myitsone Dam ‘Celebration,’ 21 December 2009, at: http://www.burmariversnetwork.org/actions/press-releases/23-press-releases/280-black-day-for-burmas-irrawaddy-junta-ministers-host-myitsone-dam-celebration.html

‘Villagers Ordered to Attend Kachin Dam Opening,’ The Irrawaddy, 23 December 2009, at:http://www.irrawaddy.org/article.php?art_id=17451&Submit=Submit

(文責 秋元由紀/ビルマ情報ネットワーク・メコン・ウォッチ、協力 草部志のぶ)

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.