メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース > ラオス > ナムトゥン2ダム > タイの民間銀行が融資

ラオス・ナムトゥン2ダム>タイの民間銀行が融資

メコン河開発メールニュース 2005年10月21日

世界銀行とアジア開発銀行が「大規模水力発電ダムによる貧困削減」を信じて支援しているラオスのナムトゥン2ダム。債務返済能力に疑問があるラオスにおいても、世界銀行の「お墨付き」があれば、タイの民間銀行が積極的に融資をする時代になっています。資金的にそれほどゆとりがあるタイに、日本は未だに多額のODA(税金)を供与し続けています。

タイの英字新聞バンコクポスト紙の記事をメコン・ウォッチの東智美が翻訳しました。

タイの銀行がナムトゥン2プロジェクトへの融資を支援

バンコク・ポスト、2005年9月27日

タイの商業銀行7行は、ラオスの1070メガワットのナムトゥン2水力発電プロジェクトに対し、約200億バーツ(約556億円)のバーツ融資を拡張することに同意した。この融資は、タイ国内及び海外の29の金融機関による10億ドル(約1100億円)以上の国際協調融資(シンジケートローン)の一部にあたる。

国際協調融資団に加わっているタイの銀行は、バンコク銀行、タイ農民銀行、サイアム商業銀行、クルンタイ銀行、アユタヤ銀行、サイアムシティ銀行、TMB銀行である。バンコク銀行だけでも36億バーツの貸付を行っている。

さらに、これら7行の銀行は、プロジェクトの電力の買い手であるEGAT(タイ発電公社)に7000万ドル(28億バーツ)の信用状を発行している。

ナムトゥン2水力発電プロジェクトの所有者は、フランス電力公社(35%)、ラオス政府(25%)、タイ証券取引所(SET)上場企業であるEgco社(25%)、イタリアン・タイ開発会社(15%)の合弁企業である。

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.