メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 追跡事業一覧 > 国境を超える開発問題 > セサン・スレポック・セコン川流域ダム開発

セサン・スレポック・セコン川流域ダム開発

セコン川流域ダム事業

事業名 設備容量(MW) 進行状況 実施主体(国) 詳細
ラオス領域
ホアイホ
Houay Ho
150

2.1
操業中
・操業:
1999年〜
ラオス電力会社(ラオス)〈20%〉、Suez Energy(ベルギー)〈60%〉、HHTC(タイ)〈20%〉 チャムパサック県とアタプー県のセコン川支流に位置する。
建設は、Daewoo(韓国)とLoxely(タイ)による。2002年にTractebelに売却された。
電力はタイへ輸出されている。
環境への悪影響と深刻な移転問題で議論となった。
セカマン3
Xekaman 3
250 建設中断(理由は不明)
・ダム建設:2006年〜
・送電線整2009年
ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社(ベトナム)〈85%〉、ラオス電力会社(ラオス)〈15%〉 事業費用は約2億7300万ドル(推定)。
セコン県のセコン川支流セカマン川に位置する。
EIA報告書は存在するが、公開されていない。
建設は、ベトナム企業Song Da Corporationによる。
ベトナム貿易銀行とBIDVが6600万ドルを融資。
ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社の株主構成は、Song Da Corporation(49%)、Vietnam National Oil and Gas Group (PETROVIETNAM)、BIDV、PETROVIETNAM Joint Stock Finance Corporation、BIDV Securities Company。
電力の90%をベトナムに輸出、残り10%をラオス国内で消費する予定。
完成後10年間は、ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社が管理し、その後はラオス政府が業務を引き継ぐ。
セカマン1
Xekaman 1
322 建設中
・調査:
2006年〜
・ダム建設:
2008年〜
・完成予定:
2015年
ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社(ベトナム)〈70〜80%(未定)〉、ラオス〈15〜30%(未定)〉 事業総費用は約4億4100ドル。ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社が調達。
アタプー県に位置する。
2006年3月、ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社が実施可能性調査を開始。
電力はベトナムに輸出する予定。
セカマン4
Xekaman 4
155 計画
(進行中)
ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社(ベトナム) 事業費用は約9400万ドル(推定)。
実施可能性調査の覚書が2006年に交わされた。
電力はタイまたはベトナムに輸出予定。
セコン3
Xekong 3
150 実施可能性調査 ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社(ベトナム) 事業費用は約2億8000万ドル(推定)。
セコン県に位置する。
2008年1月に覚書が交わされた。
電力はタイまたはベトナムに輸出予定。
セコン4
Xekong 4
300 計画
・ダム建設
(予定):
2008年〜
・操業(予定) 2014年〜
Russian Regional Oil(ロシア)〈80%〉、LHSE(ラオス)〈20%〉 事業費用は約6億ドル(推定)。
セコン県に位置する。
2006年3月、Russian Regional Oilが、実施可能性調査についてラオス政府と覚書を交わす。2007年11月、EIAワークショップをビエンチャンで開催。
2006年10月、Russian Regional Oilがダム建設について覚書を交わす。
Vostokhydro Energostroy(ロシア)が建設を受注。
セコン4、セコン5、ナムコン1、ナムコン3の累積影響によって、セコン河流域の漁業生産の50%が失われ、ラオス国内と下流のカンボジアで深刻な被害が発生するとされる。
電力はタイまたはベトナムに輸出予定。
セコン5
Xekong 5
400 計画
・調査:(2008年終了予定)
・操業(予定):2015年
Russian Regional Oil(ロシア)、その他未定 セコン県に位置する。 電力の大部分はタイに輸出予定。
ナムコン1
Nam
Kong 1
150 計画
・ダム建設(予定)
2008年〜
・操業(予定):2013年〜
Russian Regional Oil(ロシア)〈80%〉、LHSE(ラオス)〈20%〉 アタプー県に位置する。
電力はラオス国内で消費、あるいはタイに輸出予定。
2006年10月、Russian Regional Oilがダム建設について覚書を交わす。
ナムコン2
Nam
Kong 2
66 承認済み
・ダム建設完了(予定):
2015年〜
Hong Anh GaiLai Mineral Joint Stock Company 事業費用は約1億2000万ドル(推定)。
アタプー県に位置する。
電力はすべてベトナムに輸出する予定。 2008年4月、ラオス政府が事業を承認。
ナムコン3
Nam
Kong 3
45 実施可能性調査 Hong Anh GaiLai Mineral Joint Stock Company アタプー県に位置する。
2005年12月、Russian Regional Oilが実施可能性調査についてラオス政府と覚書を交わす。
電力はラオス国内で消費、およびベトナムへ輸出される予定。
ダクエムル
Dak Emuele
130 実施可能性調査
ダム建設(予定):2009年〜
ベトナム・ラオス電力投資開発株式会社(ベトナム)〈75%〉、ラオス〈25%〉 事業費用は約1億5500万ドル(推定)。
セコン県に位置する。
2008年1月、事業開発合意書に署名。
電力はベトナムへ輸出、およびラオスで消費される予定
ホアイラムパンヤイ
Houay Lamphan Gnai
60 実施可能性調査 (予定):2008年〜2009年 不明 セコン県セコン川支流ホアイラムパン川に位置する。
電力は一部をラオス国内で消費、残りをカンボジアに輸出する予定。
世界銀行が電力局に実施可能性調査の費用約100万ドルを供与。
日本企業ニュージェック社が調査を実施。
セピエン・セナムノイ
Xepian-Xenamnoy
390 計画
・調査(予定): 2008年〜 ・建設完成(予定):2018年
SK Engineering and Construction (韓国) 〈26%〉、 LHSE (ラオス)〈24%〉, Korea Western Power Co., Ltd〈25%〉、 Ratchaburi Electric Generating Holding Public Co.,Ltd〈25%〉 事業費用は約6億6800万ドル(推定)。
アタプー県およびチャムパサック県に位置する。
電力の大部分はタイに輸出する予定。 2003年10月、ラオス政府とKorea & Laos Power Developmentが、実施可能性調査を共同で行うとして覚書が交わされた。
セカタム Xe Katam 61 計画
当初の建設完成(予定):2012年
関西電力(日本)〈55%〉、タイ投資家〈25%〉、ラオス政府〈25%〉 事業費用は約1億2000万ドル(推定)。
チャムパサック県に位置する。
2007年12月、事業開発合意書に署名。 環境・社会アセスメントは実施されたが、その後事業は進まず、調査は期限切れとなっている。
カンボジア領域
セコン Sekong 148 計画 -- ストゥントレン州に位置する。
JICA水力発電マスタープランで、優先順位第13番目とされている。JICAの調査によると、536ヘクタールの土地が水没、503世帯の移転が必要。

ラオス領内のダム情報は以下を参照し作成(2012年6月21日時点) http://www.poweringprogress.org//download//Electric_Power_Plants_in_Laos_January_2012.pdf

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.