メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 追跡事業一覧 > ベトナム

ベトナムの開発問題

ベトナムでは、開発に伴う住民の立ち退き、ダム開発、洪水、植林などが重要なイシューです。ベトナム政府は水力発電ダムを次々に建設しており、それによる立ち退き問題が深刻化しています。メコン河支流セサン川の開発がカンボジアにもたらしている環境・社会被害も大きな問題です。メコン河開発は原点をたどると、洪水と塩水遡上を防ぐ水調整という目的がありました。しかし、洪水は肥沃な土壌をメコンデルタにもたらし、塩水と淡水が混じりあう汽水域という自然環境は、地域の漁業資源を豊かに保ってきた側面を持っています。そのため、水量を変える恐れのあるメコン河上流でのダム開発は、ベトナムにとって大きな懸念事項です。一方、工業部門の発達で不足する電力から、ベトナム政府は原子力発電の導入に積極的で、そこには日本やロシア等の関与があります。

メコン・ウォッチが着目しているベトナムの開発事業

 

ベトナムに関するその他のメールニュース

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.