メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 追跡事業一覧 > ビルマ > 石炭火力発電事業

石炭火力発電事業

民政化以降、海外からの投資ラッシュに沸くミャンマーですが、工業化には安定した電力供給が不可欠とされています。日本の国際協力機構(JICA)作成の「ミャンマー電力マスタープラン案」では、2030年までにミャンマーの電力源33%が石炭になるとのシナリオが提示されており、日本の複数の大手企業が、同国での石炭火力発電所事業に名乗りを上げています。その一方で、住民や現地NGOは、環境負荷の低い再生可能エネルギーの導入を求め、石炭火力の導入には強い反対の声が上がっています。

プロジェクト名
モン州イェ郡アンディン石炭火力発電事業(東洋エンジニアリング関連会社) ファクトシート
エーヤワディー管区ガヨ―カウン石炭火力発電事業(三菱商事・J Power) ファクトシート
タニンダーリ管区タラブウィン石炭火力発電事業(丸紅) ファクトシート

関連メールニュース

関連情報

市民社会のレターなど

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.