メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 追跡事業一覧 > ビルマ > イラワディ(イラワジ、エーヤワディ)川ダム開発

イラワディ(イラワジ、エーヤワディ)川ダム開発

 

プロジェクト名
イラワディ(イラワジ、エーヤワディ)川ダム開発
ダム計画地点
ビルマ北部 イラワディ川本流に1か所、支流(マリカ川及びメーカ川)に6か所(計7か所)。

 内訳(*)

  イラワディ川本流(1か所)
 ミッソンダム(ダムの高さ152メートル、設置出力3,600メガワット)
 ミッソンダムは、イラワディ川本流では初のダム。ミッソンはビルマ語で「合流地点」といった意味で、ミッソンダムはマリカ川とメーカ川が合流してイラワディ川が誕生する地点に建設が計画されている。

 マリカ川(1か所)
  ライザ(ラサ)ダム(設置出力1,560メガワット)

 メーカ川(5か所)
  カウンランプダム(設置出力1,700メガワット)
  ピゾーダム(設置出力1,500メガワット)
  ラキンダム(設置出力1,400メガワット)
  パシェダム(設置出力1,600メガワット)
  チブウェダム(2,000メガワット)

   設置出力数は2007年5月のビルマ国営紙による。

実施機関及び電力の行き先
・ビルマ政府及び中国国営の中国電力投資公司(CPIC)。またミッソンダムについてはアジア・ワールド社が周辺の道路建設や機材の手配などを行っている模様。

・ミッソンダムが生産する電力は中国に輸出される。
主な懸念点(*)
・ミッソンダム建設により47村に住む約1万5,000人が移転対象となっており、2010年12月現在、既に6つの村の住民が移転させられた。当局からの圧力により、住民は非常に不利な補償基準に合意しなければならなかった。

・移転先には農地はなく、住民は生活手段に事欠いている。また飲料水が不足し、診療所や学校などの生活基盤が整っていない。

・766平方キロメートルという巨大な貯水池の出現により、農地や漁場、薬草などの採集場が失われる。

  *2010年6月14日付及び12月23日付カチン・ニュース、及び下記報告書による。

関連メールニュースなど

関連情報

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.