メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 追跡事業一覧 > ベトナム >石炭火力発電事業

石炭火力発電事業

工業化等に伴い、電力消費が伸びているベトナムでは、水力・火力・再生エネルギーによる新規の発電事業が多数計画されています。火力のうち、特に石炭火力発電については大量の温室効果ガスを排出するため、世界で自然エネルギーへの転換が図られています。しかし、ベトナムではその流れに逆行し、石炭火力発電事業が推進されています。そこには、日本の開発機関であるJICAや、公的金融機関であるJBIC、貿易保険を提供するNEXIが深く関与しています。

温室効果ガスの問題だけでなく、石炭火力発電事業に起因する問題は多数あります。例えば、排出される微粒子(PM)や水銀などの公害物質、石炭灰の飛散等による農業や製塩業等への影響、温排水による事業地周辺の海水や河川の水温上昇、それによる生態系や漁業への影響、複合汚染による健康被害、生計手段の喪失、事業地からの非自発的住民移転をめぐる諸問題などです。


バンフォン1石炭火力発電所の建設予定地付近

プロジェクト名
バンフォン1(カインホア省/住友商事/IHI、東芝、斗山重工業(韓国)、CTCI(台湾))
ギソン1、2(タインホア省/1 EVN、2 丸紅・韓国電力公社)
ビンタン4および4拡張(ビントゥアン省/EVN/三菱商事・斗山重工業(韓国)など)
ハイフォン1、2(ハイフォン市/HPTPJSC/HPTPJSC・丸紅・東方電気集団公司(中国))
ほか多数のプロジェクト(なお、上記はいずれもJBIC・NEXIもしくはJICAが関与している事業)

関連メールニュース

関連情報

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.